痛くない親知らずの抜歯・移植|川口元郷駅・南鳩ヶ谷駅すぐの歯医者|うけがわ歯科弥平・矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日曜日診療 / キッズコーナー / 駐車場あり

診療時間

  • ネット予約・お問い合せ
  • 保険診療もクレジットカード払い可能
  • 050-5330-0827
  • 埼玉県川口市弥平2-1-1川口元郷駅 車で6分

審美治療

マウスピース矯正

痛くない親知らずの抜歯・移植

親知らずの抜歯・保存について適切な診断を心がけています

親知らずの抜歯・保存

うけがわ歯科弥平・矯正歯科では、できるだけ天然歯を保存する方針の下、治療を行っています。抜歯されることの多い親知らずであっても、将来の活用方法などを考慮し、抜歯・保存の適切な診断を心がけています。現在、親知らずに違和感を感じる方や親知らずがどのような状態か知りたい方は、ぜひ一度当院にて検査をお受けください。

親知らずの活用法「自家歯牙移植」考慮して温存を推奨

親知らずの抜歯・保存

まっすぐ生えて健康な状態の親知らずが口腔内に残存している場合、将来的に歯を失った際に以下のような方法で咬み合わせを回復することができます。

うけがわ歯科弥平・矯正歯科では、条件が合った場合にインプラントや入れ歯治療などの方法と共に自家歯牙移植での咬合回復もご提案いたします。親知らずはご自分の歯ですので、これまでと変わらない感覚で生活していただけることが最大の特徴です。

抜歯をおすすめする親知らずの症状について

うけがわ歯科弥平・矯正歯科では、天然歯の保存をモットーに診療を行っています。そのため、抜歯される歯の代名詞である親知らずも、できるだけ保存するよう心がけています。しかし、親知らずが口腔内環境を著しく悪化させてしまう状態や将来的にそのような可能性がある場合には、抜歯をおすすめ致します。当院が抜歯を検討、推奨する親知らずの症状についてご紹介します。

虫歯・歯周病になっている

虫歯・歯周病

親知らずはお口の一番奥に生えます。そのため、正常に生えてる場合でもケアが難しく、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。そして、一度罹患した場合は前途の理由から、再発率も非常に高いため、周囲の歯に悪影響が及ぶ前に抜歯をおすすめ致します。

前の歯を押している

前の歯を押している

親知らずが横向きや斜め向きに生えている場合は、成長に伴い、前方の歯を押すようになります。弱い力が継続的にかかると、少しずつ前方の歯が動き、将来的な歯並びや咬み合わせの不調が生じてしまうため、できるだけ早い段階で抜歯を検討致します。

炎症が慢性化している

炎症が慢性化

親知らずの一部しか歯茎より上にない場合は、清掃が適切に行えないため、細菌が繁殖して炎症が生じやすくなります。その炎症を智歯周囲炎といい、痛みの他にも、発熱や頭痛、開口障害など、さまざまな悪影響が生じるため、抜歯をおすすめします。

上下の歯が咬み合っていない

咬み合ってない場合

親知らずは、上下左右全部で4本ありますが、個人によっては全部生え揃わない場合もあります。咬み合わせの対がない歯は、どんどん伸びて歯茎や頬などを傷つけたり、咬み合わせの不調による顎関節症を引き起こしたりするため、抜歯をおすすめします。

親知らずを抜く際に伴うリスクについて

【上下顎の親知らずに共通しているリスク】

【上顎の親知らずを抜く際のリスク】

【下顎の親知らずを抜く際リスク】

親知らずの抜歯における痛みやリスクを緩和するための対策

うけがわ歯科弥平・矯正歯科では、患者さまに安心して親知らずの抜歯を行っていただくため、負担を抑えた処置を心がけています。痛みやリスクを抑えるための対策についてご紹介します。

歯科用CTによる事前の精密検査を実施

歯科用CT抜歯の難易度が高い親知らずの場合は、歯科用CTによる精密検査を事前に行います。

顎骨の状態をはじめ、周辺に存在する神経や血管などの位置を正確に把握することで、損傷リスクを最小限に抑えた親知らずの抜歯に努めています。

親知らずの抜歯に伴う痛みを緩和

痛み

親知らずの抜歯と聞く「痛い」というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、抜歯時は麻酔がしっかりと効いているため、ほとんど痛みを感じることはありません。さらに当院では、麻酔注射の痛みの緩和についてもこだわっておりますので、痛みを最小限に抑えた処置が可能です。

痛みを抑えた歯科治療ページへ

炭酸レーザーによる治癒促進

>炭酸レーザー

うけがわ歯科弥平・矯正歯科では、難抜歯などの負担の大きい処置の際に、炭酸レーザーを用いた低侵襲対策にも対応しています。傷口にレーザー光を照射することにより、痛みの緩和や治癒の促進、止血効果や患部の殺菌など、さまざまな効果を得ることができます。

抜歯後の痛み・腫れを抑えるために

抜歯後の痛み・腫れ

親知らず抜歯後の痛みや腫れの具合は、抜歯に要した時間に比例すると言われています。そのため当院では、レントゲンやCTでの検査結果を基にシミュレーションを行い、スムーズで適切な抜歯に努めています。

ドライソケット・感染防止対策の徹底

ドライソケット

親知らずの抜歯後のケアも徹底しています。傷口に血餅が作られなかったり、剥がれてしまうことで激しい痛みを伴うドライソケットや細菌感染を防止するため、抗生物質の処方やコラーゲン充填などの処置にも対応しています。

親知らずを抜く前・抜いた後で気をつけること

【親知らずの抜歯前に気をつけること】

【親知らずの抜歯後に気をつけること】

親知らずの抜歯についてよくある質問

親知らずが痛くなったのですぐに抜歯をしていただけますか?

痛みがある親知らずを抜くと、場合によっては痛みが強くなる可能性があります。炎症が原因で痛みを感じている場合は、お薬で炎症を抑えた後に抜歯をするのが一般的です。当時抜くことも可能ですが、診査・診断結果を基に患者さまと相談した上で行います。

複数の親知らずを同じ日に抜歯することは可能ですか?

基本は1本ずつの抜歯をおすすめしています。特に下顎の親知らずは、腫れる可能性が高く、左右同時に抜くと食事がしにくいことや負担も大きくなるためです。もし、複数の抜歯をする場合には、症例にもよりますが片方ずつ上下セットの抜歯が良いでしょう。

親知らずの抜歯は痛くないですか?

親知らずを抜歯をする際は、事前に局所麻酔をしまうので痛みはほとんど感じません。抜歯後、麻酔の効き目が切れてくると痛みが出てきますが、処方した鎮痛剤を服用していただくことで緩和されます。

妊娠中に親知らずを抜歯することはできますか?

妊娠中は胎児の健康を考え、麻酔注射やレントゲン、鎮痛剤などのお薬の服用を控えていただく場合があります。また、妊娠中はホルモンバランスの乱れから親知らずが痛み出す可能性が高いため、女性の方はできるだけ妊娠前の抜歯をおすすめしています。

川口元郷駅・南鳩ヶ谷駅周辺で親知らずの抜歯をご検討中の方へ

親知らずの抜歯

うけがわ歯科弥平・矯正歯科では、将来的な親知らずの移植なども視野に入れ、適切な診断を心がけています。また、やむなく抜歯となった際にも痛みやリスクを抑えた処置を受けていただけるよう、さまざまな対策を実施しています。川口元郷駅・南鳩ヶ谷駅周辺で親知らずの抜歯や親知らずの移植をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る