歯周病治療|川口元郷駅・南鳩ヶ谷駅すぐの歯医者|うけがわ歯科弥平・矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

日曜日診療 / キッズコーナー / 駐車場あり

診療時間

  • ネット予約・お問い合せ
  • 保険診療もクレジットカード払い可能
  • 050-5330-0827
  • 埼玉県川口市弥平2-1-1川口元郷駅 車で6分

審美治療

マウスピース矯正

歯周病治療

このページの目次

うけがわ歯科弥平・矯正歯科が取り組む歯周病治療

歯周病治療

歯周病は、自覚症状がない軽度の状態も含めると8割程の方が罹患している言われており、現在、歯を失う一番の原因となっています。うけがわ歯科弥平・矯正歯科では、患者さまの大切な歯を歯周病からお守りするため、歯周病予防をはじめ、症状の改善に力を入れています。

歯周病ってどんな病気?

歯周病歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる歯科疾患です。日々のケアが適切に行われていないと、歯と歯茎の境目などに細菌が繁殖し、炎症による出血や腫れが生じます。

さらに症状が悪化して、歯周組織がダメージを受けると歯を支える骨や歯茎が溶け、歯がグラグラと不安定な状態になり、最終的には抜け落ちてしまいます。

歯周病の2つの状態「歯肉炎」と「歯周炎」について

歯周病には、下記のように「歯肉炎」と「歯周炎」という2つの状態があります。

歯肉炎とは?

歯肉炎

歯の周辺に蓄積したプラークや歯石によって、歯茎が炎症を起こしている状態です。歯肉炎は歯周病の初期症状ですが、プラーク・歯石を取り除き、歯磨きをきちんと行うことで、改善することができます。

歯周炎とは?

歯周炎

歯肉炎が悪化し、歯茎だけでなく歯を支える骨にまで炎症が広がった状態です。腫れた歯茎から膿が出たり、歯がぐらついて抜け落ちたりすることもあります。

歯周病セルフチェックで歯周病の進行度を確認してみましょう

▼下記で当てはまる項目にチェックをしましょう。

歯茎が赤く腫れている

お口の臭いが気になる

歯茎が痩せたように感じる

歯と歯の隙間に物がよく挟まる

歯が浮いたような感じになる時がある

歯を触ると少しグラグラする。

歯磨きの際に出血がある

歯茎にハリがなくぶよぶよしている

歯茎から膿が出たことがある

歯周病はさまざまな病気とも深く関係しています

歯周病と全身疾患近年の研究により、歯周病と全身疾患の発症には深い関係があることが明らかになりました。

歯周病菌が血中に入り込むことで、心筋梗塞や脳梗塞をはじめ、糖尿病、低体重出産、早産、メタボリック症候群、誤嚥性肺炎など、さまざまな全身疾患を引き起こす可能性が高くなります。

歯はもちろんですが、全身の健康も視野に入れ、予防や治療に取り組むことが大切です。

歯周病と全身疾患の関係についての詳細はこちら>>

歯周病治療でアルツハイマー(認知症)のリスク軽減が期待できます

歯周病とアルツハイマーアルツハイマーは認知症患者の中で最も多く、全体の約7割を占めています。アルツハイマーは「アミロイドベータ(Aβ)」という本来は分解されるはずのタンパク質が、脳内に蓄積することで発症すると言われています。

アルツハイマーについては、以前から歯周病との関係が話題となっていました。そしてこの度、九州大学と北京理工大学が行った研究によって、歯周病菌がアミロイドベータ(Aβ)の脳内蓄積量を増加させることが解明されました。

この研究結果から、歯周病の予防や治療によって歯周病菌を減らすことで、アルツハイマー(認知症)の進行抑制や発症リスクの軽減が期待できます。

九州大学の研究結果の詳細はこちら>>>>

歯周病を悪化させないための取り組みについて

歯周病の取り組み

歯周病は、自覚症状がほとんどなく進行するため、気づいた時には重症化しているなんてことも少なくありません。重症化した歯周病は、歯を失う可能性も高く、さらに、改善までに長い時間が必要となります。そのため、うかがわ歯科弥平・矯正歯科では、さまざまな取り組みを行い、歯周病の早期発見・早期治療に努めています。

歯周病検査の実施で早期発見・早期治療を実現

診断時に歯周病の可能性がある場合には、歯周病検査を行い、歯周病の早期発見・早期治療を心がけています。

歯周ポケットの検査

歯周ポケット

探針(プロープ)を用いて、歯と歯茎の隙間に形成される歯周ポケットの深さを確認します。出血の有無によって炎症の状態などを把握します。

歯の動揺レベルをチェック

歯の動揺

健康な状態でもある程度歯は動きますが、歯周病が悪化すると動揺が激しくなります。歯のグラつき具合を調べ、歯周病の進行状態を確認します。

プラークの量をチェック

プラーク

歯周病の原因となるプラーク(歯垢)の染め出しを行い、付着量や磨き残しをチェックします。特に磨き残しが多い場所は、意識して磨いていただくよう歯磨き指導をします。

患者さまへ歯周病についてしっかりと説明

説明歯周病が悪化しやすい理由として、自覚症状がないことが挙げられます。自覚症状がほとんどないことにより、患者さまに恐ろしい病気として認識されず、予防や改善への処置が疎かになることで、悪化の一途を辿ってしまいます。

そうならないために当院では、患者さまへ歯周病という病気について詳しく説明を行い、高い意識を持って歯周病の予防や改善に取り組んでいただけるよう努めています。

2つのスケーラーで精度の高い歯石除去

歯周病治療は、歯垢や歯石を取り除くスケーリングでお口を衛生的に保つことが基本です。そのため、当院では「超音波スケーラー」と「ハンドスケーラー」2つの器具を使いわけ、精度の高いスケーリングを実施しています。

超音波スケーラー

超音波スケーラー

超音波振動によって、歯垢や歯石を取り除くスケーラーです。短時間で広い範囲の処置が可能です。

ハンドスケーラー

ハンドスケーラー

歯と歯の間や細かい部分の歯垢・歯石を取り除くのに適した手動のスケーラーです。適材適所で超音波スケーラーと使いわけて使用します。

うけがわ歯科弥平・矯正歯科が実施するさまざまな歯周病治療

歯周外科治療で徹底した歯石除去

歯石除去歯周病の悪化に伴い、歯周ポケットが深くなると内部の状態を確認できない上に器具が届かず、適切な処置が困難となります。

そのような場合には、外科的な処置によって症状の改善を図ります。歯肉を切開後、歯周ポケット内を目で確認しながら、歯石の除去と感染歯肉の切除を行います。負担は大きくなりますが、必要な場合にはご提案致します。

エムドゲインゲルを用いた歯周組織再生療法

エムドゲインゲル重度の歯周病によって歯周組織が破壊されると歯の動揺が激しくなるため、エムドゲインゲルを用いた歯周組織再生療法を実施致します。

エムドゲインゲルは、歯が生える際に重要な働きをするタンパク質が主成分で構成されており、歯周組織が欠損している部分に塗布することで再生を促すことができます。歯周組織を再生し、歯をもう一度しっかりと支えられる状態にします。

歯周病・歯周病治療についてよくある質問

歯周病はうつりますか?

歯周病は細菌による感染症のため、風邪などの病気と同じように人から人へとうつります。口移しの食事や箸・スプーンなどの共有、キスなどで感染します。特に赤ちゃんの歯が生え揃う1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間は「感染の窓」と呼ばれ、虫歯や歯周病に感染しやすいと時期されており、この時期に感染を免れることで、虫歯や歯周病リスクを軽減できると考えられています。

煙草を吸う人は歯周病になりやすいというのは本当ですか?

煙草には有害物質が多く含まれており、それらが歯茎や粘膜の血流・免疫力を低下させてしまうため、細菌が繁殖しやすくなります。そのため、喫煙者の歯周病リスクは、非喫煙者に比べて約5~8倍になると言われています。また、偏った食事や睡眠不足などでも免疫力は低下するため、歯周病予防・歯周病治療には生活習慣の見直しが重要となります。

歯周病と喫煙についての詳細はこちら>>

プラークコントロールとは何ですか?

プラーク(歯垢)とは、虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊です。そのプラーク(歯垢)を歯磨きやデンタルフロスなどで取り除き、虫歯や歯周病の原因となる細菌の繁殖を抑えることを「プラークコントロール」と言います。毎日のセルフケアと歯科医院での定期クリーニングでプラークコントロールをしっかり行い、歯周病予防・歯周病治療に努めましょう。

女性は歯周病になりやすいと聞いたのですが、本当ですか?

歯周病の研究によって、女性ホルモンが歯周病菌の繁殖を促進したり、歯茎の炎症を悪化させたりすることが明らかになっています。特に思春期・妊娠時・更年期では、ホルモンバランスが大きく変化することから、歯周病リスクが高くなると言われています。

川口元郷・南鳩ヶ谷駅周辺で歯周病治療をご希望の方へ

歯周病治療

うけがわ歯科弥平・矯正歯科では、抜歯原因一番の歯周病から大切な歯をお守りするため、早期発見・早期治療を心がけています。重症化した歯周病であっても適切な処置を施し、できるかぎり天然歯の保存に努めています。川口元郷・南鳩ヶ谷駅周辺で歯周病治療をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る